素朴な風合いと鮮やかな色絵が装飾された木の器

​あなたの暮らしに”彩と個性”をみつけてみませんか?

ぬくもりを感じさせてくれる木の器。素朴な風合いと鮮やかな色絵が装飾された木の器は、毎日の食卓を華やかに演出してくれます。

使い込むほどに味がでてくるという木の器は、風合いによっていろんな顔を見せてくれます。長く使うほどに愛着が沸いてくるでしょう。自然な木目の美しさや手になじむ優しいかたち、そしてぬくもりや温かみなど見て触れて、使って感じていただけたら幸いです。

色絵木工芸家 三尾 英明
  • 1950年生まれ

  • 大学卒業後、新聞や雑誌記者として東京にて10年間活動

  • 1983年帰郷、木工芸を目指し「工房むくの木」を開設

  • 1985年以降毎年東京、大阪、京都、名古屋にて個展開催、その傍ら各地でライフワークの「森の中の布土木(ふどき)展」等の企画展を開き、多彩な生活提案を試みる

  • 2001年地元中津川市付知町に「森の布土木館」を開設、これまで多数の出版を手掛ける

© Koubou Mukunoki . Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now